リオ+20とグリーンエコノミーについて

2012年国連大学にて、第4回外交トレーニングプログラム(116日~9日)が開催され、15

の外交使節団から参加者が集まりました。このプログラムは国連大学副学長であり、同高等教育研究所長であるゴヴィンダン・パライル教授が主催したものです。国連環境計画国際環境技術センター長のマシュー・ガブ氏を迎え、リオ20+サミット以降のグリーンエコノミーという考えに沿った、国家の発展について検証しました。