透明性・汚職防止に関する

UNITAR Hiroshima AntiCorruption Training
(2011年2月21日~28日 シンガポール)          

 発展途上国は組織的な政治、行政、経済、社会問題が複雑に絡み合った問題に直面しています。こうした課題に関連する重要な問題としては、公的部門における透明性や説明責任に関するある種の誤解が含まれており、結果として尽きることのない汚職事件を許してしまっています。

  この新しいプログラムでは、紛争下にある国の代表者が、シンガポールで様々な政府組織・非政府組織(NGO)が実施している、最新の透明性を維持するシステムや、汚職防止の事例に関する研究やその発展を視察しました。透明性の維持と国の発展の関係に特に着目したプログラムです。

プログラムの概要(英語)

プログラムのスケジュール(英語)