国連開発計画/UNITAR/釧路国際ウェットランドセンター 生物多様性と気候変動

生物の多様性に関する条約で採用されているエコシステムアプローチは保存や持続可能な利用と、遺伝子資源から生じる利益の公正、平等な共有との間 の繊細な関係についての言及しています。エコシステムアプローチは将来の生態系と人間の必要性の両立させることを目指すものです。 手順となる方法論は包括的、統合的、時間に依存しません。多くの国際条約や決議によって承認されていて、また継続的概念化作業にも拘らず、エコシステム アプローチはより一層の実行するためのツール、方法論の確立が必要です。

これらの課題に応えるためユニタールと講師陣はこのシリーズを通して3次元アプローチを策定しました。

  • ワークショップ開催地と水というエコシステムの中心要素を最大限に利用するための水資源と湿地帯マネジメント
  • 参加者がすぐに利用することができ、また応用可能な知識を習得するための社会政策と適切な方法論開発
  • 参加者各人の課題にエコシステムツールを応用する方法の最適化のために取得習得した学習成果と成功事例の活用

1998年に開始されてから200人以上の専門家が卒業生としてネットワークを構築しており、このシリーズはアジア太平洋地域で参照と認知の対象となっています。最近のワークショップでは生物多様性や気候変動といった世界的な緊急課題について議論を行っています。